調剤事務は資格の有無よりも実務経験を重視

MENU

調剤事務は資格の有無よりも実務経験を重視

 

調剤事務の資格はあった方が就職にも若干有利ですが医療事務や調剤事務は資格がなくても仕事ができます。

 

資格を取ったとしても必ず就職できるとは限らず採用する側も資格の有無を参考にしていません。

 

また調剤事務の求人ですが薬剤師の求人は多いものの昨今の不景気で資格を取った人が山ほどいるので、数年前よりも求職者が急増し、就職できない人達であふれかえっているのが実情です。

 

医療事務や調剤事務は資格の有無よりも実務経験を重視していますので、未経験者の場合は、かなり狭き門となっております。

 

調剤事務の資格は、資格といいますが民間資格なので、無資格で就職している人も沢山いますしむしろ無資格の人の方が多いです。

 

資格を取るには『お金』と『時間』が掛かりますので、もしあなたが資格をとろうと考えておられるなら、検討されることをお勧めします。

 

優先順位をつけるとすれば

 

調剤経験者→医療事務経験者→調剤事務資格→医療事務経験者→未経験という順でしょうか。

 

未経験で資格なしで働き先を見つけられたい方は複数の求人サイトに登録した方が確率はあがります。

 

2社以上利用することで,「求人の比較」が容易にでき、同じ求人先でも「給料」が違うケースもあるので、2社以上登録するのが成功の1歩です

 

「未経験者可」で募集している医療機関も少ないながらありますので、お住まいの地域の求人を検索されることをお勧めいたします。

 

地域にもよりますが、「有資格者」の条件の求人の方が少ないと思いますよ。

 

頑張られてください。