MENU

調剤薬局事務はどんなお仕事なの?

調剤薬局とは病院で受け取った処方箋を受け付けて調剤を行う薬局の事を指しており、

 

大抵の方は一度は必ず訪れた経験があるかと思います。

 

この調剤薬局の中で主に事務や受付などの業務を行うのが調剤薬局事務と呼ばれる資格を持つ方のお仕事で、

 

近年では資格取得を目指す方が非常に増えている職種となります。

 

特に主婦やシングルマザーさんで子どもの為に資格をとりたい方が多いようです。

 

薬局といえばまず思い出されるのが薬剤師で、

 

処方箋を元に調剤を行うのが彼らの役割となるのですが、

 

薬局内ではそれだけに留まらず他にも様々な仕事があり、

 

薬剤師のサポートを行うというのが調剤薬局事務のもっとも大きな役目であると言えます。

 

では具体的にはどのようなお仕事の内容となるのでしょうか。

 

患者さんの来局似合わせる形でご紹介すると、まずは受付を行い処方箋やお薬手帳などを受け取ります。

 

新規に訪れた患者さんの場合には、受付用紙にこれまでどのような疾患に掛かっていたのか既往病や、

 

それに伴い服用していた薬などを書き込んでもらいます。

 

処方箋等を薬剤師に渡した後は、処方された薬を受け取り端末に記録をつけると共に

 

患者さんにお渡しして会計を済ませます。

 

およその流れとしてはこのような感じですが、事務全般や局内の清掃管理を行うこともありますし、

 

またもっとも重要なお仕事は患者さんの保険の確認や調剤報酬明細書(レセプト)の作成を行うという点で、

 

調剤薬局事務の資格を勉強する際にはこのあたりのボリュームが大きく、事務方としてもっとも重要な仕事となります。

 

調剤薬局事務の資格をとるならユーキャンが有名です。